セシルのゼロから始める米国株投資

米国株投資で資産運用/化粧品でキレイを追及したい方のためのブログ。株式投資歴5年です。平均年収のサラリーマンでも米国株ならローリスクで数億の資産形成が可能です。

クレジットカードの金利、把握してますか?


こんにちは、セシルです。



今の時代、1人1枚以上はクレカを持つのは当たり前になってますよね。
私も「エポスカード」と「ビックカメラsuicaカード」の2枚を絶賛使用中です。

主な機能としては、

・月々の支払額を一定額にする「リボ払い」
・お金を借り入れできる「キャッシング」

などの機能に加えて企業ごとに専用「ポイント」が付いたりと1枚あるだけで非常に便利な反面、上記のリボ払いとキャッシングには注意が必要です。

実体験も交えて触れていきたいと思いますね。

リボ払いとは

名前の由来は「Revolve:回転する」という動詞からきています。
特徴は、「残高全体について毎月返済するスライド方式」です。
簡単に言うと「毎月の支払いが一定額になる」ことを意味します。

リボ払いとキャッシングの金利

タイトルにもある通り、1番注意したいのはその金利です。
大体どこのクレジットカード会社も同じような年利で15%前後になっています。

例えば残高全体で100,000円あったとするなら15,000円を金利で持っていかれてしまうのです。つまり、元金と利息合わせて115,000円となりますね。
※通常は日割りで計算します。

リボ払いの問題点

リボ払いの問題点として、
・借入額が増えても毎月の返済額が変わらないため、借金をしている意識が薄れる。
・借入額が増えると返済期間が長くなり、利息の負担が激増する。
・返済総額が分かりにくい。
などなど・・・

実際、返済額に対して借入額が多くなると、利息ばかり払い続けて元本がほとんど減らないという状況に陥ります。消費者金融で多重債務に陥るのは大半がこのケース。

私は学生の頃から丸井の「エポスカード」を利用していますが、まんまとこのトラップに嵌りました。「毎月15,000円前後の支払いで済むから助かるなー」とか馬鹿丸出しのカモ同然で、毎月のようにリボ払いで買い物をしていました。

数字に弱かったのもありますし、お金の怖さについて何も知らなかったんですね・・・

社会人になってからも支払いは続き、
ある日明細を見て「あれ、全然元本が減ってない!」ということに気づくまで随分時間がかかったなと昨日のことのように覚えています(笑)

ご利用は計画的に

どこかで聞いたようなセリフですね(笑)
でも本当にその通りで、きちんと金利について把握してるかしてないかは大きな違いです。
過去の私のように、ファイナンシャルリテラシーが欠如していると後々本当に大変な思いをします。
また、返済が2ヶ月以上遅延した場合などに金融機関のブラックリストに載ってしまう可能性もあります。
そうなると例えば住宅ローンが組めなくなったりしますので、注意した方がいいでしょう。

※遅延解消後、2年を経過すればブラックリストから過去の履歴は消えるようです。

以上、今現在クレカを使っている人やこれからクレカを作ろうと考えている人たちの参考になれば幸いです♪

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
励みになりますので、応援のクリックお願いします!