セシルのゼロから始める米国株投資

株式投資で資産運用しつつ、美容アイテムで綺麗になりたい方のためのブログです。相場歴5年の兼業投資家です。普通のサラリーマンでも「シーゲル流投資術」で資産億超えが可能であることを証明するため、絶賛運用中。「さあ、始めよう!ゼロからの米国株投資」

冬のボーナス平均95万円報道の真相について

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)


こんにちは、セシルです。


今回はサラリーマンへの半年間のご褒美であるボーナスについて書いてみました。
※ご家庭によっては奥様にすべて徴収されてしまうところもありますが・・・(笑)

大企業平均ボーナス95万に驚愕!ww

毎年この時期になるとニュースで「ボーナス平均額」について報道されますね。

私の職場は非上場の中堅メーカーなのですが、毎年ボーナスの時期になるとニュースを見て落胆する人が後を絶ちません(笑)

↓↓以下職場の悲鳴です

・「本当にこんなもらってるの!?」
・「アベノミクスで企業業績良いって言う割にうちのボーナスは全然上がらないやん…」

おそらく多くのサラリーマンたちが同じ様なことをボヤいていそうですね。

でも皆さん、安心してください(笑)

真相は「東証一部上場企業75社の平均」

大手紙経済担当記者によれば、報道されるボーナス平均額は、「経団連発表のもの」と言っています。
経団連が「一部上場企業」に給与額についての質問を出し、回答のあった会社のボーナス平均額を算出・発表しているにすぎないとのこと・・・

そして、今冬の平均額95万円(正確には95万6,744円/前年比+3.49%)は、一部上場企業のうち、質問に回答した12業種75社の平均額だとか・・・

つまり、たったの75社!

非上場企業などは当然そんなにボーナスが出せるわけがなく、中小企業はボーナスが出ないところも多い。以前は上場企業のベース額に合わせてボーナスを出すという、「労働者思いの非上場企業」もありました。

が、今はありません。

かつては景気の指標でしたが、なんだかこれだと「金持ちと貧乏人の格差の指標」みたいな感じがしますね。

ちなみに私が以前勤めていた会社は一部上場企業にも関わらず20万程度しか出ませんでした(笑)
業種がサービス業だったこともあると思いますが、それにしてもこの平均額を見ると業種によるんだなーとつくづく思います。

中小企業社員の平均41万

正規雇用や中小企業の社員のボーナス平均額となれば、10万円か20万円程度でしょうか?

「うちはもっと出してるし!」
「おれは仕事できるからもっともらってるわ!」

という社長さんやビジネスマンの方がいたら大変申し訳ありません。

実際のところ中小企業の平均は41万円前後のようです。

とはいえ、そもそもボーナスを出さないという企業もかなり多いです。なぜなら、「法律にはボーナスを支払わなければならない」という決まりがないためです。

ですが希望はあります!

私の職場でもそうですが、今の日本は少子高齢化により「人手不足」に悩んでいる企業は増えています。
中小企業でいえばおそよ70%の企業が人手不足のようです。

まぁ就活生の大半が一部上場企業ばかりに殺到しているところを見ると納得です(笑)

以上の理由から、ベースアップやボーナスアップに踏み切る中小企業も増えている傾向にあるようです。


最後に、
色々書いてきましたが結局のところ「ボーナス平均額」報道って必要?
と感じた今日この頃でした…

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

励みになりますので、1日1回応援のクリックお願いします!