セシルのゼロから始める米国株投資

米国株投資で資産運用/化粧品でキレイを追及したい方のためのブログ。株式投資歴5年です。平均年収のサラリーマンでも米国株ならローリスクで数億の資産形成が可能です。

【抜け毛・脱毛】に悩める方へ 脱毛の種類と見分け方〜対処法まで解説。


こんにちは、セシルです。


当ブログを開設以来、様々な悩み解決をメインとして記事を書いてきましたが、今回取りあげる【抜け毛】というテーマについてはずっと書きたいと思っていました。

理由としては単純です。

わたしももしかしたら「あと数十年後には抜け毛が酷くなって、しまいにはハゲてしまうかもしれない…」と思ったことがきっかけです(笑)

だって、毎日満員電車に乗ると、そこかしこにハゲているおじさんたちが溢れかえっていますからね…

本当に悲しくなる光景です…(外人だったらまだカッコいいんですけどねw)

というわけで、「自分が今後ハゲないか不安だな」とか、「抜け毛が酷くなってきたな…」という悩みを抱えている方の救いになればいいなと思い記事にしました。

では早速見ていきましょう!

毛の生えるサイクル(毛周期)を知る

知っての通り、髪の毛は生まれた時からずっと伸び続けているわけではありません。
ある一定の「周期」があり、ある期間成長を続けた後に「自然脱毛」し、またしばらくすると生えてきます。

これが毛周期(hair cycle)と呼ばれるものですね。


具体的に見ていくと、
【1】成長期(Anagen):髪の毛の成長がもっとも盛んな時期
【2】退行期(Catagen):成長が停止して毛球部が萎縮し始める
【3】休止期(Telogen):完全に成長を停止し脱毛が起こる


・成長期は2〜6年で、成長期毛が全体に占める割合は70〜85%です。

・退行期は2〜3週間

・休止期は3〜4ヶ月です。

髪の毛全体に占める割合が、退行期毛・休止期毛合わせて15〜30%になりますね。
→この時期に髪の毛は「自然脱毛」していきます。

日本人の場合、男性は3〜5年で。女性は4〜6年で生え変わると言われます。

このように、退行期〜休止期の髪の毛が10〜15%であることを考えると、全毛髪本数が10万本とするなら、「3〜4ヶ月間に約1万本の休止期毛が抜ける」ことになりますね…
→1日だと約100本です。一方、毛周期を5年として、10万本がこの期間に生え変わるとして計算すると、1日に約55本が抜けることに…

したがって、生理的に自然に起きる脱毛は、1日あたり50〜100本と考えることができますね。

季節の変わり目や体調、生活環境の変化などによって多少左右されますが、この範囲なら問題ありません。

脱毛の種類と見分け方

脱毛には自然脱毛以外にも「病的に起きる異常脱毛」があります。

髪を引っ張ると中には抵抗なく簡単に抜けるものがあります。
これには退行期や休止期に入っている髪の毛が自然脱毛したものや、何らかの原因で病的に異常脱毛してしまったものもあります。
→見極めには毛根の形状を観察すれば分かります。

・自然脱毛は、毛根の形が「マッチ状(棍棒状)」のようになっています。
健康な髪の毛で、成長期にあるものを無理に引き抜くと毛根部分が長くて大きく、毛根の周囲や「毛乳頭の下部に白い付着物」が付いてることが多いです。

一方、異常脱毛の毛根は棍棒状ではなく、萎縮していたり変形していたりさまざまです。

病的な脱毛


「病的な異常脱毛」の原因には、内因性や外因性のものがあり、様々なタイプがあります。
一般的に分類すると、「休止期毛の異常脱毛」には、

1.男性型脱毛症
2.産後の抜け毛
3.ダイエットによる脱毛

などがあります。
また「成長期毛の異常脱毛」には、

1.円形脱毛
2.圧迫による脱毛
3.薬剤(抗がん剤など)の副作用
としての脱毛がありますね。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

▪️男性型脱毛症

いわゆる若ハゲのことで、男性が大半。
症状は、前頭部から後頭部にかけて脱毛したり、前頭部が後退していくのが特徴ですね。

早い人だと10代後半から脱毛が始まり、30代からは急激に増加傾向にあります。

わたしの親戚の叔父も20代前半から上述したようなハゲ方をしていて、子供の頃驚いたのを覚えています(苦笑)

【メカニズム】
カニズムとしては、何らかの原因によって徐々に髪の成長期が短くなり、長く伸びなくなります。そして、細くて短い髪が脱毛していきます。

でもこれは毛周期(ヘアサイクル)が短くなっただけなので、毛根の形は自然脱毛の毛根とおなじ棍棒状をしています。

【原因】
もっとも大きな原因は、「遺伝」が大きな要因のひとつであることは昔から知られていますね。

「頭髪は女性ホルモンが支配している」ため、
男性ホルモンの影響を受けて脱毛するとも言われます。

【対処法】
対処法は、頭皮を清潔にし、育毛剤などで血行を促進させて少しでも成長期を長くするとともに、休止期からすぐに成長期に移行させることが第一!

▪️円形脱毛

突然、円形または楕円型に脱毛し、重度の場合は頭髪全体あるいは全身の毛が脱毛することもあります。

【原因】
原因としては、「自律神経失調症やアレルギー説」「自己免疫説」などがあります。
また、他にも「ホルモン異常やストレス」「神経系統の異常」など、精神的な要因も深く関与していると考えられていますね。

脱毛した毛根の形態は、異常に萎縮して変形しているので、すぐに見分けがつきます。

円形または楕円形脱毛部分の毛髪を軽く引張ることで、症状の進行状況がある程度推測できるのです。

もし簡単に抜けるようなら症状が進行中なので、少しでも早く皮膚科の専門医に相談をおすすめします。

原因にもよるのですが、普通2〜3ヶ月で回復することが多く、あまり気にしないことが第一!

【対処法】
やはり育毛剤によって頭皮をの血行を促進させ、早く正常な状態に戻すこと!

▪️脂漏性脱毛症

頭皮は髪の毛が密集している関係で皮脂腺・汗腺が多く、体の他のパーツよりアブラっぽくなりやすいので微生物が繁殖しやすいです。

【原因】
シャンプーなどをせず不潔にしていると微生物の繁殖による皮脂腐敗物で、長期間の刺激や炎症などが起こり頭皮が赤くなってフケが多くなります

これを「脂漏性湿疹」と言います。

→髪には休止期毛が増加して脱毛しやすくなります。この場合、髪の毛は細くて柔らかく、毛根の周囲に白い皮脂が付着するのが特徴です。

【対処法】
日常のお手入れとしては、やはり洗髪回数を増やして頭皮を清潔に保ち、殺菌剤入りのフケ防止シャンプーやトリートメントを使うと良いですね。

それでももし症状が良くならなければ、一度皮膚科の専門医に相談して治療を受けるのが良いと思います。

▪️粃糠性(ひこうせい)脱毛症

こちらも脂漏性脱毛症と同様に「フケに起因する脱毛」です。
ただし、乾性のフケと非常に深い関係があり「頭皮が乾燥することで、髪の毛の頭皮に対する固着力が低下」して、ブラッシングなどで力がかかると簡単に抜けてしまいます。

毛根の状態は、自然脱落毛とほぼおなじように棍棒状ですが、毛根の先端部分に未角化の毛包の一部が尻尾のように付着しているのが特徴です。

【対処法】
脱毛した髪の毛の1/3以上がこのような毛根の場合は皮膚科専門医に相談しましょう。

出産後の抜け毛は治るのか

結論としては「一時的に抜け毛が起こることはあるが、心配無用」です。

頭髪は女性ホルモンの影響を受けやすく、妊娠後期はそのホルモンの影響を特に受けやすいです。休止期毛にならずに成長期が延長されます。
そのため、一時的に抜け毛の本数が減少します。

出産後、正常なホルモン状態に戻ると、その反動で一斉に休止期に入って脱毛します。

具体的には「出産後2〜3ヶ月経つと脱毛が始まり、6ヶ月くらいまで続く」ようです。

こんなに長期間続くせいで驚いたり不安になる方が多いのですが、体力の回復とともに自然に元の状態に戻りますので心配いりません。

※余談ですが、避妊用のピルを服用すると妊娠後期と同様な身体の状態になることから、服用を止めるとやはり脱毛が増加するようです。

女性も男性のようにハゲることはあるのか

結論から言えば、一般的に男性のようにハゲることはありません。

ただ、女性でも髪の毛は年齢とともに細くなるので、本数は減少していきます。

通常でも1日に50〜100本抜けているので、その範囲ならあまり心配ないと思われます。
ですが、加齢とともに毛周期(ヘアサイクル)が短くなって生え変わる髪も多くなるため、「元々髪の毛が細くて薄めの方は、気になる」と思われます。

【対策】
お手入れとしては、抜けることを気にし過ぎるあまり「髪を洗わない」という方がいるようですが、不潔にすると頭皮が汚れて正常な髪の発育を妨げるのでかえって逆効果です。

きちんと正しく洗って髪を清潔にすることが大切です!

また、育毛剤などを使って頭皮の血行を促進することも◎

おわりに

いかがでしたか?
実際にいま抜け毛などで悩んでる方の中には、当たってるポイントがいくつかあったのではないでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。

次回は抜け毛などに効果的な成分の入ったシャンプーなどをご紹介しますのでお楽しみに。