セシルのゼロから始める米国株投資

米国株投資で資産運用/化粧品でキレイを追及したい方のためのブログ。株式投資歴5年です。平均年収のサラリーマンでも米国株ならローリスクで数億の資産形成が可能です。

【肌トラブル】ニキビに悩む小中高生は結構多い。早く治したい人へ


(※2019年1月28日に投稿)

こんにちは、セシルです。


小中高生のとき、顔中ニキビだらけの子ってクラスに数人はいた記憶ありませんか?

私が子供の頃も男女問わず2、3人は必ずいました。中にはニキビを潰してしまったことでクレーターのようになっている子も・・・

今回は「どんな化粧品を使ったら症状がよくなるのか」。
化粧品業界で働いているからこそ分かる、ニキビに対して効果のある化粧品成分なども合わせて紹介していきますね。

この記事ですべての「ニキビに悩む子供が人目を気にせず明るく楽しい学校生活」を送れますように。

ニキビの原因とは?

そもそもニキビってなんでできるんでしょうか。
10〜18歳は「思春期ニキビ」とも呼ばれ、多いのがおでこと頬、そして口周りでしょうか。
実は、それらの多くが以下のような理由からできてしまいます。

1.ホルモンバランスの乱れ
2.乾燥による皮膚のバリア機能低下
3.皮脂の詰まり


順番に見ていきましょう。

1.ホルモンバランスの乱れとは
→主にストレスや睡眠不足が原因で起こります。ビジネスパーソンでもそうですが、学生は部活動や勉強、最近だと深夜遅くまでスマホのゲームをやって寝不足だとかですね。
また、学校は1つの社会です。
様々な環境・性格のクラスメートたちと日々コミュニケーションを取らなければなりませんよね?
表面上は仲が良くても「いじめ」などが常につきまとっています。
それは本当にストレスの溜まる原因のひとつではないでしょうか。


2.乾燥による皮膚のバリア機能低下
→学生は勉強がメインではありますが、それと同じくらい部活も真剣に取り組んでいると思います。それはとても素晴らしいことです。
しかし、運動部は特にそうですが長時間外気に触れることによる肌の乾燥はやはり避けられません。必ず保湿が必要になってきます。
また、紫外線もニキビの要因となります。


3.皮脂の詰まり
→ 皮脂汚れの取り除くのに一番効果的なのはやはり洗顔です。
女性と比較すると男性は筋肉量が多く身体の代謝が良いです。また、運動量も多いので発汗量が段違い。
加えて男子生徒はスキンケアにあんまり関心がないので洗顔もお湯だけで軽く済ませがち
これでは肌環境が不衛生になって皮脂が詰まり、ニキビができてしまうのは当然の結果です。

では、どうすればいいのか。

ニキビの治し方

前述したようなニキビの出る原因を改善するのは学生にとってなかなか難しいと思っています。
そんな時に役立つのが化粧品によるスキンケアです。
ニキビには「薬用化粧品」というカテゴリーに含まれている以下の成分が効果的です。

【アラントイン】
→ 医薬品として肌荒れやニキビの赤みを抑える消炎効果や抗アレルギー作用、細胞の活性化に高い効果が認められていて、化粧品に配合されると医薬部外品の化粧品になります。

【グリチルリチン酸2K】
→ 強力な消炎作用があり、急性および慢性の皮膚炎に対して著しい効果が明らかにされているため医薬部外品の有効成分にも対応しています。
化粧品の場合は、水に溶けやすいため主に化粧水や水溶性の美容液やオールインワンゲルなどに配合されます。

なので、敏感肌用や乾燥肌用などの肌にやさしい化粧品に配合されていることが多いです。


ちなみに私も中学生のときにニキビで悩んでいました。たまたま化粧品に詳しい友人がいたので「何かニキビに効くオススメの化粧品知らない?」と聞いた所、「それなら安くて効果のあるオードムーゲがいいんじゃない?」という流れでオードムーゲ(薬用ローション)を買いました。
実際に試したらすぐに効果が表れたので感動したのを覚えています♪

毎日のスキンケアが大切

いかがでしたか?

大人に限らず、若いうちからスキンケアをすることはとても大切です。

例えば洗顔1つ取っても、手でゴシゴシ擦るのではなく、泡で優しく洗いあげてますか?

ゴシゴシ洗ってしまうと摩擦で肌にダメージを与えてしまいますし、余計な皮脂まで取れてしまうので乾燥肌になることもしばしば・・・

正しいスキンケアを毎日おこない、「肌キレイだね」って言われるような美肌を目指しましょう♪


にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
↑↑応援のクリックをしてくれると励みになります!