セシルのゼロから始める米国株投資

米国株投資で資産運用/化粧品でキレイを追及したい方のためのブログ。株式投資歴5年です。平均年収のサラリーマンでも米国株ならローリスクで数億の資産形成が可能です。

【株】ポジポジ病患者への処方箋は米国株で決まり


(※2019年1月27日に投稿)

こんにちは、セシルです。

主に短期・中期メインで相場張っている人によくいるのが、タイトルにあるこの「ポジポジ病」だと思います。

そもそもポジポジ病ってなに?
という方に補足すると、「ポジ」とは「ポジション」のことですね。
株クラの中では共通用語として使われていたりします。

私の経験からいえば、ポジポジ病は具体的には「トレードをしたいあまり、無駄に多くポジションを持ってしまうこと」を指します。

つまり、「儲けることではなくトレードをすること」が目的になっている状態といえます。

今回は、なぜこんなことが起こってしまうのか?
その原因などについてまとめてみました。

ポジポジ病に悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

ポジポジ病の原因

ポジポジ病の原因は人それぞれですが、主に以下のようなことが考えられると思っています。

1.稼ぎたい気持ちが強すぎ
2.トレード中毒
3.根拠のない自信
4.慎重さの欠如

心当たりがあるのではないでしょうか?
1と2に該当する人はもう間違いなく「ポジポジ病」かと・・・

私もそうでしたが、株をやる多くのトレーダーは「 すぐにお金持ちになりたい」と考えている人が大多数だと思います。

そのため、1日に何度も売買するデイトレを繰り返し、いつのまにか「やる必要がなくても売買せずには居られなくなります」。

その結果、地合いなども気にすることなく考えなしにリスク許容度を超えたポジションを取ったりします。

どうしてこんなことになるのか?


ひとつはデイトレのギャンブル性です。
まず前提として、デイトレは投資ではなく投機です
確率に資金をベットするマネーゲームなんですよね。
なので、勝つこともあれば当然負けることもあります。
ギャンブル依存症というものがありますが、デイトレにはそれと全く同じ魔力があると思います。

そしてふたつめに、成功体験です。
先程も言ったようにデイトレは確率のマネゲームです。そして、デイトレで負ける人(初心者)の多くが根拠のない自信や慎重さの欠如によってリスク許容度を超えたポジションを持って勝負に出がちです。

この時運よく勝ち、成功体験を持つと総じてみなある勘違いをしてしまうんです。

・おれ(私)にはトレードの才能があるのかも
・有名なあの人がTweetしてる銘柄買ったら本当に上がった♪→よし、余力全部ぶち込んで大儲けだ!

などですね(笑)

これらはすべて"まぐれ"運"ビギナーズラック"
なので、再現性はありません。注意してください。

「ポジポジ病」の対処法はあるの?

色々方法はあるのかもしれませんが、私個人の経験では長期投資(米国株配当再投資戦略)へのスイッチはかなり効果が高いです。

長期投資は文字通り10年20年と長い期間"売らないことを前提に、自分の選んだ銘柄を保有し続けます。これには以下のようなメリット、デメリットがあります。

■メリット
1.毎日株価をチェックしなくても大丈夫
2.米国の優良銘柄なら配当を4回/年もらうことができ、かつ増配もするので複利の効果が働く→下落相場の時に精神安定剤となる
3.積み立て投資を定年まで続ければ相当な金額になるので、うまくいけば配当金で引退後の生活ができる

■デメリット
1.10年20年と長い期間保有し続けるのですぐに結果が出ない→忍耐力が必要
2.日本株は安定した配当も増配もないので、長期的に見ても株価がほとんど上がらないので✖︎→米国株なら◎
3.毎月積み立てていかないと複利の効果がフルで働かない

実際、私もポジポジ病だった自覚がありましたが、米国株配当再投資を始めたことでそれも治りました。
また、毎日のように株価をチェックする必要がなくなったため、今まで持ち株が下落して損失を出す度に体調を崩していたのがなくなりました。

以下は米国株投資のきっかけとなった書籍です。
著名な米国株投資ブロガーのバフェット太郎さんの著書ですね。
この本に巡り合えたことに感謝♪

終わりに

いかがでしたか?
現在進行形でポジポジ病になっていて、それによって私生活にまで影響を及ぼしてしまっている方。
試しに米国株の長期投資デビューをしてみては?


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
↑↑応援のクリックをしてくれると励みになります!