セシルのゼロから始める米国株投資

米国株投資で資産運用/化粧品でキレイを追及したい方のためのブログ。株式投資歴5年です。平均年収のサラリーマンでも米国株ならローリスクで数億の資産形成が可能です。

【5月配当金】保有する米国株から配当金受領。人生100年時代、貯蓄が正義の時代はとうに終わっている。

f:id:cecil3log:20190526000022j:plain
こんにちは、セシルです。


今月予定されていた各企業からの配当金の入金が確認できました!

具体的には、アッヴィ(ABBV)、アルトリア(MO)、P&G(PG)からの配当金です♪

配当金は言ってみれば「不労収入」にあたるので、将来年金制度が成り立たなくなると分かっているいまの日本の社会保証制度を考えると…

まだ投資(資産運用)を始めていない20代〜40代の現役世代はいい加減に危機感を持ちましょう。


つい先日も以下のような記事が出回ったことで、SNSやネットが炎上していました。

人生100年の蓄え」国の指針案が炎上

 「人生100年、蓄えは万全?」――金融庁が審議会でまとめた、国民の老後の資産に関する指針案について、朝日新聞が23日の朝刊1面で報道した内容が、ネットで話題を集めている。指針案は、年金だけでは老後の生活費が足りなくなってしまうリスクがあることを政府が認め、国民が自ら資産形成することを促す内容だが、「自助に期待するなら年金の徴収をやめて」などと、政府への批判が集まっている。

 報道の基となった報告書案は、「高齢社会における資産形成・管理」というタイトルで、金融庁のWebサイトでPDFで公開されている。

 報告書案では、「人口減少や高齢化の進展で、公的年金が実質的に低下していく一方で、税・保険料の負担も年々増加している」などと指摘し、年金だけで生活費をまかなえなくなるリスクに言及。夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦のみ・無職の世帯では、月平均で約5万円不足しており、さらに20~30年生きるとすれば、累計で1300万~2000万円不足するとの推計を紹介する。

 その上で、若いうちから資産形成に取り組むことや、「iDeCo」「つみたてNISA」といった仕組みの活用、できるだけ長く働くこと、退職後は資産を計画的に取り崩すことなどを提案しているほか、金融機関に対しても、分かりやすい情報提供や手数料の明確化などを求めている。

 朝日新聞はこの内容をまとめた記事を23日朝刊の1面に掲載。朝日新聞DIGITALも、「人生100年時代の蓄えは? 年代別心構え、国が指針案」という見出しで報じ、「政府が年金など公助の限界を認め、国民の「自助」を呼びかける内容になっている」などと紹介した。

貯蓄が正義の時代はとうに終わった

上記の記事内容を見てこれまで投資には一切興味関心を持たれなかった方々はさぞかし不安になったのではないでしょうか?

「こんなのあんまりだ…」
「なんでもっと早く言ってくれなかったんだ!」

不安、憤り、怒り…

人それぞれ感じる所があるかもしれませんね。

確かに安倍政権になる前は「つみたてNISA」や「iDeCo」など、誰もが節税しつつ資産を確実に構築できる金融商品はなかったです。

「投資=ギャンブル」
「株は危なくて損する」

などなど、多くの日本人は親世代やメディアなどからの影響で投資ではなく元本保証されている銀行への貯金に務めていました。

でも実際はどうなんでしょうね。

今の銀行金利は昔と違って0.001%なので、全く増えることがなく、預けていても何の意味もない、いわば「死に金」です。

対する投資はというと、例えば最も手堅い株式投資

特に数十年単位で運用する「長期投資」ならば物によりますが3〜7%前後の利回りは見込めると思います。

間違っても速攻でお金持ちになりたいなんて思わないことですね。

そんな方法があったら、大抵詐欺かハイリスクかの2択ですから(笑)

億トレーダーに憧れる狂信者たち

たまにメディアで何千何億も稼いだデイトレーダーなどがピックアップされますが、ああいう方々はたまたま強運に恵まれたごく少数派の天才なので対象外です。

彼らのやり方を真似ても再現性がないので参考になりません。

でも人間って不思議なもので、

「自分より年収が高い人」
「何億も株で稼いだ凄腕トレーダー」
「影響力の高いお金持ちの人」
「芸能人」

以上のような方々の意見や発言に対して、なんの疑いもなく、まるで宗教団体かのように信じたりします。

大手化粧品会社のCMで、いま旬な女優さんが起用されるのもこれと似ていますね。

「これを使えばこの女優さんみたいに綺麗になれるかも!」
「億トレのこの人が言うなら間違いない!」
「有名なあの人が言うんだからきっとそうなんだ!」

いわばこうあってほしいという「願望」ですね。

こういった一種の思い込みやイメージが洗脳の役割を果たすわけですね(笑)

そしていざそのような影響力あるひとの意見が批判されると、まるで自分が批判されたかのような気持ちになり、みんなで叩いて炎上する…

このような心理的側面があるとわたしは考えています。

あなたは翻弄されていませんか?

この記事があなたの投資の参考になれば幸いです。

関連記事です。

証券口座の開設方法など、簡単に書いたものです。
www.cecil3log.xyz


実は江戸時代までは日本でも投資が盛んに行われていました。
ではなぜ日本人は投資をしなくなってしまったのか?
www.cecil3log.xyz


最近巷でよく聞く「iDeCo」について記事にしています。
よければ参考にしてみてください。
www.cecil3log.xyz